「クラウド契約管理 Sign」とは?

「クラウド契約管理」は、 契約書の締結、管理までをクラウド上で一括して 行えるサービスです!

契約書や注文書など、今まで書面でやり取りをしていたものを電子化し、クラウド上で完結させることにより、それまでにかかっていた時間や手間が無くなるだけではなく、電子文書として保管されるため、印紙代の削減も出来ます。 また、クラウド上にデータがあるため、保管場所もいらず紛失の心配も無くなるほか、いつでも簡単に検索や閲覧が出来ます。

導入メリット

収入印紙代が不要!

メリット01

契約業務の作業時間を短縮!

メリット02

保管場所を取らない!

メリット03

検索がラク!

メリット04

安心のセキュリティ

不正アクセス防止

本サービスでは、文書データにアクセスするために、ユニークなURLが都度発行されます。ユニークなURLは第三者がアクセスすることは困難なため、メールを受信した本人しか文書データを閲覧、確認出来ない仕組みになっております。
また、複数名で共有しているアドレスで受信する場合は、予めアクセスコード(任意の英数字で作成した暗証番号)を設定することが出来、契約者本人のみにアクセスコードを連絡することで、契約者本人以外の閲覧を防ぐことが出来ます。

不正アクセス

タイムスタンプを用いた 非改ざん証明

本サービスでは送信者と受信者が、アップロードされた文章データに同意をした後に、その文章データにタイムスタンプを付与いたします。
それにより、以後このデータが改ざんすることが出来なくなり、電子契約の証拠力を担保しています。

タイムスタンプとは

付与された時刻に電子データが存在していたこと、及び電子データがその時点から改ざんされていないことが証明出来る電子的な時刻証明書です。
本サービスでは時刻認証業務認定事業者(セイコーソリューションズ株式会社)のタイムスタンプを使用してます。

タイムスタンプを用いた 非改ざん証明

紛失防止

紙の書類と違い、締結した書類は、全てクラウド上に保管されるため、紛失のリスクがありません。

不正アクセス

使用方法

『クラウド契約管理』では 様々な方法で、契約を行えます。

1.メールで契約締結

相手先へメールを送信し、本文のURLから専用ページにて、契約書に同意をもらいます。

step1
契約書の準備
契約書の準備

契約書データ(PDF)をアップロードします。

step2
相手先の同意
相手先の同意

契約書確認のメールが相手先に送信されます。本文のURLからクラウド上で契約書の内容の確認と同意をしてもらいます。

step3
相手先の同意
相手先の同意

相手先の同意が完了すると、契約締結のメールが双方に送信されます。

2.手書きサインで契約締結

相手先と対面で契約する際に、タブレットを利用して、相手に直接サインをもらいます。

step1
契約書の選択
契約書の選択

あらかじめ登録した契約書データ(PDF)をタブレット内で選択します。

step2
相手先の同意
相手先の同意

相手先に契約書の内容の確認とサインをしてもらいます。

step3
契約締結
契約締結

相手先のサインが完了すると、契約締結のメールが双方に送信されます。

導入後も手厚くサポート

電話対応

オペレーターがお電話にて、お客様のお問い合わせにお答えします!

リモートサポート

オペレーターがお客様のパソコン等を操作しながら問題解決をします!

本サービスのお問い合わせ・ご相談はお気軽にお電話ください。

(訪問でのご説明も無料で行っております。)

クラウド契約管理 無料相談窓口

平日9:00~18:00 (土日祝、年末年始除く)

03-5835-2117

こんな方へお勧めです

こんな方へお勧めです

Q1:電子契約を始めてみたいけど、契約の回数が多いわけではないのでそこまでお金をかけられない。

こんな方へお勧めです

A1:基本料金、従量料金、データ保管量ともに業界最安水準で ご提供しております!毎月10通まで基本料金に含まれます。
※最低利用期間6ヶ月

こんな方へお勧めです

Q1:電子契約に興味があるが、そもそも電子契約について内容が分からない。

こんな方へお勧めです

A1:弊社担当より、ご説明させていただきます!
お客様にご理解をして頂いたうえで導入が出来、導入後も手厚くサポートさせていただきます!
オペレーターによる電話対応、リモートサポートをご利用いただけます。

電子契約とは

電子署名とタイムスタンプで押印に替わる法的効力を持つ電子契約は、契約書から印紙を排除するコスト削減効果のほか、時間の短縮などさまざまなメリットを持ちWeb上で完結することで業務効率とコスト削減が期待できます。

電子化事例

建設業

建設業

電子化書類:注文書、請負書

今までは郵送でやり取りしていた注文書や請負書がメールで出来ることにより、手間や時間の削減になりました。
また、請負書に貼っていた印紙代の必要無くなったので経費の削減も出来ました。

不動産業

電子化書類:賃貸借契約書、売買契約書

仲介をするにあたりオーナーさんとお客様との三者間契約の手間が劇的に楽になりました。
また、過去の書類の検索も簡単で、重宝してます。

不動産業
サービス業

サービス業

電子化書類:雇用契約書

電子契約によって従業員や、アルバイトとの雇用関係書類のやり取りがスムーズになりました。
取り交わしが出来ているかも確認が取りやすいので、出来ていない場合の催促もしやすく、助かってます。

士業

電子化書類:基本契約書

業務委託締結の為に取り交わす基本契約書に貼っていた収入印紙代が、無くなりました。
顧客との契約履歴も簡単に探す事も出来て時間の短縮になってます。

士業
医療・福祉

医療・福祉

電子化書類:雇用契約書

職員の人数が多い為、電子化することで雇用契約書を管理するのが楽になりました。
既存の契約書もスキャンで取り込み、検索がかけられるようになり、業務効率も格段とアップしました。

◆業種別使用書類 電子化書類
建設業 請負書・注文書
サービス業 雇用契約書
医療、福祉 雇用契約書
IT注文書・請負書 注文書・請負書
◆業種別使用書類電子化書類
不動産業 売買契約書・賃貸借契約書
士業 基本契約書
運送 雇用契約書・基本契約書
製造 注文書・請負書

※導入済みのお客様アンケートより、使用頻度が特に高いものを抽出しております

機能一覧

クラウド契約管理に実装されている 主な機能をご紹介します。

アクセスコード認証機能

契約書を送る際、任意のパスワードを設定でき、第三者の閲覧を防ぎます。

契約書検索

日付、金額、名称、契約状態等で、契約書の検索が可能です。

アンケート集計機能

ラジオボタンやチェックボックスを用いて、アンケートを行った際に、CSV形式で結果を一覧で確認できます。

3社間以上の同時契約

1つの契約書に3社以上(例:甲、乙、丙、…)での同時契約が可能です。

複数ファイルの結合機能

複数のPDFファイルを、本サービス上で結合ができます。(同時にアップロードができます)

リマインド通知機能

契約書の期限と通知日を設定できます。設定した期限が近づくとメールにて通知をします。

エラーメール通知機能

相手先にメールを送る際、@以下のドメインが存在しない場合、送信前にエラーが出ます。相手のメールサーバー側の問題で送信できなかった場合、送信者にメールにて通知します。

転送機能

相手が受信した契約書メールを、本サービス内で転送できます。使用例:直接決済者へメールを送る事が出来ない場合、担当者経由で決済者へ転送していただき、署名を貰えます。

手書き機能

相手に直接署名を書いてもらい、契約締結ができます。

同意証明書

「いつ」「誰が」「どの書類に」同意をしたのかを可視化した書面になります。

アップロードボタン

過去の契約書等を本サービス内にアップロードし、一括で管理することができます。

一括送信機能

複数の相手に同じ文書(アンケート等)を一括で送信することができます。、一括で管理することができます。

機能についてのご質問は お気軽にお問い合わせください。

利用料金

基本料金

月額:10,000

データ保管料

年額:10,000

送信10件まで月額料金に含まれます!! 低価格を実現!!!

11件以上ご利用の場合は、従量制となります。
送信件数11~20件まで 追加料金 +¥1,000/月
送信件数21~30件まで 追加料金 +¥1,000/月
送信件数31~40件まで 追加料金 +¥1,000/月
送信件数41以上10件ごと 追加料金 +¥800/月
※月末に送信件数の集計を行います、1ヶ月の総送信件数を元にご請求させて頂きます。

本サービスのお問い合わせ・ご相談はお気軽にお電話ください。

(訪問でのご説明も無料で行っております。)

クラウド契約管理 無料相談窓口

平日9:00~18:00 (土日祝、年末年始除く)

03-5835-2117

よくあるご質問

Q:契約相手もサービスへの加入は必要ですか?

A:契約相手が本サービスへ加入する必要はなく、費用などの負担もありません。安心してご利用いただけます。

Q:なぜ印紙税が不要なのですか?

A:印紙税の対象となるのは書面で発行された文書になります。
国税庁も電磁的記録(電子文書)に関しては、印紙税は発生しないとの見解を示しております。
本サービスでは、電子帳簿保存法で定めた電子文書の要件である「真実性」「見読可能性」「検索機能」を備えております。

Q:電子契約で契約を締結することは、法的にも有効ですか?

A:本来の契約は、当事者の合意があれば契約書の有無に関わらず有効になりますので問題ありません。
電子契約では、双方が合意した電子文書に対して当社が電子署名とタイムスタンプを付すことで、その時点でその書類が存在していたことを証明することが出来ます。

お気軽にお問い合わせください。03-5835-2117平日9:00~18:00 (土日祝、年末年始除く)

メールでのお問い合わせはこちら お気軽にお問い合わせください。

MODERN GROUP

MODERN EYES MODERN LOGISTICS 消毒サービス

投稿はありません。

PAGE TOP
MENU